コーヒーの話になると沢山の蘊蓄(うんちく)を聞きますが、それらに違和感を覚えるときありませんか?。それらは本当に正しいのだろうか。例えば銅のサビである緑青は最近まで見た目毒っぽいという理由だけから有毒だと信じられてきましたが実は無毒だったように、コーヒー業界に蔓延するそれら蘊蓄も、先人のただの思い込みが検証されず言い伝えられているだけかもしれない。科学的にも経験的にも誤りだったら、そこにこだわるのは時間もお金も労力も無駄だし、最悪、わざわざ逆にコーヒーをまずいものにしている可能性だってありますよ。
当研究所では、可能な限り客観的に、コーヒー業界の言い伝えを検証していきたい。

<目次>

古い焙煎豆でいれた珈琲は酸っぱい、という噂は嘘

ドリッパーの種類と濾過時間の関係

カフェオレにあう牛乳とコーヒー豆の研究(途上)

豆乳ラテ(ソイラテ)にあうコーヒー豆の研究(途上)

各種コーヒーメジャースプーンの計量の誤差

手動コーヒーミルで豆を挽く時、豆の飛散を防ぐ工夫

ハリオ式とコーノ式のペーパーフィルターに違いはあるのか?(予定)

ペーパードリップでもネルドリップでも、漏斗内のコーヒー液が完全に落ち切らないうちに引き上げないと、コーヒーがまずくなる伝説の滑稽さ(予定)

ジップロックの気密性はそれほど高くない(予定)

コーヒーの保存に、密閉容器は必要か?(予定)


所在地 〒324-0046 栃木県大田原市加治屋94-1198 ごとう整骨院内休憩室 冷蔵庫の上
(C) 2015 後藤珈琲研究所